CSFについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【CSF=脳脊髄液】

みんなが飲みたい脳脊髄液
透明でたんぱく質10〜40mg/dl
糖50〜75mg/dlがうちわけ。
(数値変動は腰部が数値が大きいため)
おおよそ130ml
ファイブミニが100ml
c1000タケダが140ml
なので然程多くはない。
1分間に普通なら0.35ml作られるため
計算すると1日3〜4回入れ替わる
いや、源泉掛け流し的に対流する。
リンパや臓器などの組織が
脳脊髄液をガブ飲みしてると
以前のブログに書きましたが
やや気になることがあります。
も、もしや
ガブ飲みしてるやつは
他にもいるんじゃwww??
{18025D5F-B538-408E-96A2-F9AD93BFB1C7}

水色が脳室
脳室は脳脊髄液を作るところ。
ピンクはそれを包む組織
そもそも脳室は組織ではなく
空間です!
色んな組織の壁が集まり
空間になったのが脳室なので
所謂、脳のスキマです。
しかしこのスキマが
まるでその先に吸い込まれるように
作られています!
その先にあるのは
松果体や視交叉
下垂体に視床下部
松果体の後ろのとんがりは大脳
下の管は小脳に繋がります。
人間の構造はとても効率的で
エコに作られている為
無駄のない構造と考えると
脳脊髄液を吸い込むように
飲み干すメンバーに
当然松果体や視交叉
脳下垂体、視床下部も
含まれるように思うわけです。
飲んで何をしてるんだろう??
【松果体】
デカルトさんというフランスの哲学者が
研究の結果、魂のありか、と
好んで呼んだ為か
やや精神世界でも取り沙汰される。
デカルトは唯一無二の組織と説いたが
実際は半休2つで出来ている。
今でも第3の目とも呼ばれていたり
とにかく神秘世界の住人なのだ。
実際の活動は
体内時計を調節していたり
メラトニンという睡眠に関わるホルモンも
ここで生成、分泌されている。
ここに腫瘍ができることがあり
オペでも大変難しいらしく
全部摘出することになるようです。
ものが2つに見えたり
朝方の頭痛、吐き気が
主な症状らしい。
原因は水頭症かららしく
ここでも脳脊髄液と関係が深い
※水頭症
脳脊髄液過多で脳室が膨らみ
脳を圧迫してしまう病気
【視交叉】通称scn
これは説明がややこしいので
構造はお調べ下さい。
要するに私たちが立体的に見るには
左右交差したり色々あるのです。
こちらも体内時計に関係します。
体内時計ってすごく大切で
免疫やホルモン分泌
体温や消化機能など
体内時計、体内リズムなくして
私たちの暮らしは
まともに機能しません。
体内リズムは特別を嫌うので
断食や食べ過ぎはリズムを
変えてしまう恐れがあるように
個人的には思います。
ここに問題が出ると
当然見え方がおかしくなり
半盲状態になる可能性があります。
【下垂体】
これはもうとてつもない機能の持ち主
えんどう豆みたいな大きさで
ずいぶん僕たちを時に助け
時にがんじがらめにします。
主にホルモンの働きの総本社で
成長ホルモン
甲状腺刺激ホルモン
副腎皮質ホルモン
性腺刺激ホルモン
プロラクチン
抗利尿ホルモン
オキシトシン
と著名なホルモンがズラリ。
ホルモンの株主総会のようなメンツ。
人が生き、子を残し、育ち
幸せを感じ、ストレスと戦う
人の活動の縮小版。
腫瘍などで機能低下が起こります。
ここの機能低下は様々な影響を
カラダに起こすのは言うまでもありません。
【視床下部】
睡眠、カラダの水分や塩分
体内時計、呼吸などの中枢です。
下垂体がのどちんこのように
視床下部から垂れ下がっています。
交感神経や副交感神経の鍵を握り
ホルモンにも影響があるため
重役の中でも社長クラス。
またストレスを全て一括して解析し
どう対処するかなども
ここで行われているとされています。
司令塔のような存在。
摂食、性行動の発動源
【仮説】
これらの活動はとてもパワフルで
バイタリティーの問われる仕事
脳脊髄液を飲むってことは
脳脊髄液は活動に必要なのか?
なのでは??
何かははっきりわかりませんが
脳脊髄液と人間の中枢は
関わりがあると言えます。
適切な生産量
適切な循環こそ
人間らしく生きられ
病の根っこの部分と
きちんと向き合える為の
ひとつの条件だと僕は考えます。
あたまのお手あてでは
アタマからカラダの歪みを一度無くし
脳脊髄液の流れのストレスを解消し
行き届かなかったところなどにも
きちんと水が届けられるよう
お手伝いをし根っこの環境を良くします!
ちょっとだけ告知
【今年の準備中の講座】
3/2〜3 あたまのお手あて 愛知県
今日書いた記事に大きく関係する内容
3/14〜15 お絵かき解剖学 東京都
4/18〜19 お絵かき解剖学 兵庫県
関節、筋膜、骨へのアプローチと
構造理解の為の座学の講座
少しづつ詳細上げていきます!